【夏期講習】中学生は絶対に受けなきゃいけないの?

ブログ

夏休みは、勉強をしたり、友達と遊んだり、リラックスしたりするのに最適な時期です。しかし、夏休みを有効に活用するために、夏期講習を受講する中学生もたくさんいます。夏期講習には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

今回の記事は次のような方に参考になると思います。

  • 中学生の子どもに夏期講習を受講させようか迷っている方
  • そもそもなんで夏期講習が必要なのかわからない方
  • 受ける時と受けない時のメリット、デメリットを知りたい方

それではいきましょう!

そもそも夏期講習ってなに?

私たち学習塾のものは夏期講習や冬期講習を総じて「講習会」や「講習」と呼んでいます。

これらの講習会は予習メインで授業を進める塾もあれば、復習メインで進める塾もあります。その両方をミックスして授業立てする塾もあると思います。

どのような授業形式をとっていたとしてもその目的は「学校の授業が止まる期間の学習時間の確保」がメインと言えるでしょう。

難関学校を目指す人のみならず、今までのやり残してきた、取りこぼしてきた内容を振り返る機会にしたり、より高い目標のために努力する機会にできるのが講習会だと思います。

夏期講習のメリット

夏期講習の最大のメリットは、予習や復習ができることです。学校の授業は通常、授業ごとに1つの単元が進みます。そのため、授業についていけなかったり、理解できなかったりする生徒もいます。夏期講習を受講すれば、授業内容をもう一度確認し、理解度を深めることができます。

また苦手科目を克服するにも最適な方法です。学校の授業では、生徒の理解度に合わせて授業内容を進めていく必要があります。そのため、苦手科目の生徒は、授業についていけなくなることがあります。夏期講習では、苦手科目の生徒だけを集めて、個別に指導を受けることができます。これにより、苦手科目を克服し、学力を向上させることができます。

他にも夏期講習だけいつもとは違う勉強をすることもできます。いつもは英語を受講している生徒が夏の間だけ国語の文章読解を練習する、そんなふうに個別の生徒に合わせて、学校の進度に影響されることなく授業を受けられると言うメリットもあるでしょう。

中学生であれば受験を意識し、いつもはあまり苦手じゃないから受講しない科目を復習する意味で夏期講習を利用すると言うことも良いかもしれません。夏期講習は、受験勉強を始めるのに最適な時期でもあります。休みの期間にまとまった時間を勉強に費やすことができます。夏期講習を受講すれば、受験勉強のペースや勉強方法を身につけることができます。

夏期講習のデメリット

夏期講習のデメリットは、費用がかかることです。夏期講習は普段の塾の授業より授業時間が長くなります。それに伴いふだんの月謝より授業料が高くなる傾向があります。そのため、夏期講習を受講するかどうかは、家庭の経済状況を考慮する必要があります。

さらに夏期講習の内容が子どもに合うかどうかも検討すべきです。子どもにできないところを復習させたいのに受講させたものが予習中心であれば期待した効果が得られなかもしれません。講習内容もしっかり把握した上で受講させるようにしましょう。

時間が多くとられることも講習会のデメリットといえます。子どもには遊んだり、リラックスしたりする時間も大切です。夏期講習を受講すると、勉強に多くの時間を費やすことになります。

子どもは遊びからも多くのことを学ぶことができます。自分で遊びを考えることで独創的な考え方ができるようになったり、友達と一緒に遊ぶことはコミュニケーション力を育みます。そのため、夏休みを有効に活用するためには、夏期講習の時間配分を工夫する必要があります。

困ったら塾に相談しよう

夏期講習の受講に困ったら塾に相談するのが良いと思います。家庭の経済状況はもちろん、予定などは把握できません。親の中には受講させたくても経済的な理由、外出や送迎などの物理的な理由で受けさせることが難しいこともあると思います。

そんな場合は塾に相談して下さい。

「経済的な理由で受けさせたいけど難しい、そんな時はどうすれば良いのか」と率直に聞いてみてください。おそらく夏期講習を受けられない時の勉強の仕方や、「夏期講習の代わりに自習室に通ってみんなと同じくらいの勉強をしてほしい」など、学習のアドバイスをもらえると思います。

それを参考にして子どもに勉強をさせることで夏期講習ほどではないにしろ、夏休みの間に勉強をさせることができると思います。

また夏期講習の内容が不明瞭な場合もしっかりと聞くようにしてください。復習をするのか予習をするのか、勉強内容やその目的は子どもに合っているのか、しっかりと把握してから受ける、受けないの判断をするのがいいと思います。

とはいえ、迷ったら夏期講習は受講することをオススメします。

【まとめ】夏期講習は子どもに合ったものを選ぼう!

夏期講習は、すべての中学生にとって必要ではありません。学校の授業についていけている生徒や、苦手科目がない生徒は、夏期講習を受講する必要はありません。

しかし、学校の授業についていけていない生徒や、苦手科目がある生徒、さらにより高い目標を目指したい生徒は夏期講習を受講することで、学力を向上させることができます。

夏期講習を受講するかを検討する際には、メリットとデメリット、さらには子どもに適した内容なのかをよく考えて、家庭の経済状況や子どもの性格を考慮する必要があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました