【人を動かす】子どもとのコミュニケーションに役立つ7つのヒント

中学生

「人を動かす」とはデール・カーネギーによって書かれ、1936年に最初に出版された古典的な自己啓発書です。この本は、人がどのように動機付けられ、影響を受けるかを探求し、人間関係を改善するための実践的なヒントやテクニックを提供しています。

「人を動かす」は、中学生の子育てに非常に役立つ本です。この本は、親が自分の子供と、より効果的にコミュニケーションを取り、協力し、関係を築くのに役立つ貴重な洞察とアドバイスを提供しています。


このブログは次のようなことを知りたい方にオススメです。

  • 子育てに活かせる方法について学びたい方。
  • 親と子どもの良い関係を築くためのヒントやテクニックを学びたい方。
  • 子どもと、より強い信頼関係を築き、子どもが自信と自尊心を持って成長するのを助ける方法を学びたい方。

それでは「人を動かす」の子育てへ応用できるヒントを7つ紹介します。

【その1】共感的であること

共感とは、相手の視点から物事を見て、その気持ちや気持ちを理解しようとすることです。共感的であることは、子どもと強い信頼関係を築き、子どもが自分の気持ちを安心して表現できるようにするために不可欠です。

たとえば、子供が学校で友達とトラブルを抱えている場合は、子どもの視点から物事を見て、なぜそのように感じているかを理解するようにしてください。子どもの気持ちを理解してから、問題を解決するための解決策を見つけ始めることができます。

「ああしなさい」「こうしなさい」と一方的な意見では子どもは動きません。まず感情を理解してあげる、その上で子どもの意思を尊重しながらアドバイスをすることが重要です。

【その2】肯定的であること

肯定的な言葉は、子どもの自信と自尊心を高めるのに役立ちます。できるだけ多くの肯定的なフィードバックを与えてください。

たとえば、子どもが宿題を一生懸命やっていることに気付いた場合は、「宿題を一生懸命やっていて嬉しい。とても立派だと思うよ」と言ってあげてください。

肯定的なメッセージは子どもの強みに焦点を当て、またその強みを、子ども自身にも理解させることにつながります。それが子どもの自身の形成につながることになるでしょう。

【その3】期待すること

親は子どもに多くを期待していること、そして成功できると信じていることを伝えましょう。子どもに高い期待を持つことは、彼らが目標を達成し、可能性を最大限に発揮するのに役立ちます。

たとえば、子供がテストで良い点を取っていることに気付いた場合は、「テストで良い点を取れて嬉しいです。あなたにはもっと良いことが可能だと知っています」と言うことができます。

逆に、そこそこの期待であれば「このくらいでいいのか」と低いレベルで満足してしまうこともあります。その子に合わせて達成可能な最大限の期待をかけてあげましょう。

【その4】正直であること

子どもには常に正直であることが重要です。正直であることは、子どもから信頼を得るために必要なことだからです。親が常に正直であれば、子どもは親のことを「信頼できる人間だ」と感じられるようになります。

そのために、たとえば子どもと約束をしたことがあれば、必ず守るようにしてください。約束を守ることで、子どもは親が信頼できることがわかるようになり、親に頼ることができるようになります。

逆に子どもに伝えていることと親の行動にギャップがあれば子どもは「自分だってやってないくせに」と親を信頼できなくなってしまいます。必ず親が率先して正直な行動をとるよう心がけましょう。

【その5】一貫性があること

親の子どもに対する姿勢は常に一貫性があることが重要です。親の態度や姿勢、子どもに対する指示がコロコロ変わっていては、親を信用することができなくなってしまいます。

たとえば、子どもにテレビを見る時間制限を設けている場合は、その制限を守るようにしてください。制限を守ることで、子どもはあなたが一貫性があることを学び、あなたのルールに従うことを学ぶことができます。

またルールを設けた場合、親も遵守することをオススメします。たとえ文句を言わずルールに従っていたとしても心の中で「自分はやってないくせに」と思うものです。親が率先して決めたルールを守りましょう。

【その6】忍耐強くあること

子育ては忍耐の試練です。子どもは間違いを犯します。子どもが間違いを犯したときに、怒ったりイライラしたりしないでください。代わりに、彼らが自分の過ちから学ぶのを助け、彼らが前進するのを助けるためにそこにいてください。

たとえば、子供が友達とトラブルを起こしている場合は、怒ったりイライラしたりしないでください。代わりに、彼らがトラブルを解決し、彼らが友人との関係を修復するのを助けてください。

イライラを態度に示す行為は子どもに悪影響を与えます。怒ったりイライラしたりする行為はネガティブなものです。怒りによって子どもに言うことを聞かせられるのは、親子間に力の差がある時だけです。子どもが成長し、物理的または経済的に親より力を持った時、親の言うことを聞かなくなります。

そのような親子関係にならないためにも、親が率先してイライラした感情をコントロールするように努めてください。

【その7】愛情深くあること

何よりも、子どもにたくさんの愛情を注いでください。愛は、親と子どもの間の強い絆を築くための最も重要な要素です。

たとえば、小さな子どもであれば抱きしめたり手を繋いだりしてください。小学生や中学生になれば、批判や否定、アドバイスをすることなく、ただ話を聞いてあげてください。それが、親が子どもをどれだけ愛しているかを伝える愛情表現です。

親の愛情は子どもの承認欲求を満たします。承認欲求が満たされた子どもは、自己実現の欲求、つまりは自分の叶えたい夢を持てるようになります。子どもが夢を持てるよう、親はたくさんの愛情を与えてあげてください。

まとめ

これらは、デール・カーネギーの「人を動かす」の考え方を子育てに活かす方法のほんの一例です。この本は、親が自分の子供とより効果的にコミュニケーションを取り、協力し、関係を築くのに役立つ情報が満載です。

ぜひ一度手に取り、気になった章だけでも読んでみてください。きっと親と子どもの関係をよりよくする考え方が身につけられると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました