塾講師に向いてない人の特徴3選【確認用】塾講師になりたい人はぜひチェックしてください!

どうも塾生7名の教室長です。

今日は【塾講師に向いてない人の特徴】についてお話ししたいと思います。

大学生の中には【塾講師】という仕事に興味がある方もいるのではないでしょうか?

塾講師は肉体的に非常に楽チンです。

しかもそれなりに時給も良いです。

ぶっちゃおすすめのバイトですw

わたしは5年ほどはアルバイトの先生の管理をしてきました。

その時に実際にあった出来事から、

塾講師に向いていない人の特徴をご紹介します。

実は塾講師に最も必要なスキルは勉強ではありませんw

もちろん高校生を教えるには必須ですが、

中学生くらいならマニュアルでどうにかなります!

学力より必要な素養が存在します。

その素養が自分にはあるか、ぜひ確認してみてください。

それではいきましょう!

責任感が強いすぎる人

塾講師はアルバイトですが生徒の勉強を任される仕事です。

アルバイトであっても担当生徒の授業に対して裁量が与えられます。

ですので、

責任を持って仕事をすることは大切です。

もちろん塾講師に限らず、飲食だろうが小売だろうが、

仕事をしている以上責任を持って働くことは大切です。

わたしがここで伝えたいのは、

生徒の人生にまで責任を持ちすぎるな

ということです。

生徒の点数が上がらないと責任を感じます。

中には責任感を感じすぎる人もいます。

そういう責任感が強すぎる人は向いてないように思います。

実際に講師をしてみるとわかりますが、

勉強をするしないは本人の意思が1番影響します。

当たり前ですよね?

最終的にやるのは本人なんですから。

でもこうやって考えられない人も中にはいます。

「あの子がちゃんと勉強しないのは自分の伝え方が悪いからだ。」

こんな風に自分に責任を負わせてしまう人がいます。

中学生くらいを相手にしていると言うことを聞いてくれないことなんてしょっちゅうです。

しかし、上司からは、

「ちゃんと勉強させてね」

と言われる。

この板挟みで苦しむ人が中に存在します。

こんな風に、責任が強すぎる人はあまり向いてないように感じます。

特に受験生が相手になると精神的に苦しいかもしれません。

責任を感じすぎない人の方が向いていると思います。

他の人と自分を比較する人

人と自分を比較する人は多いように感じます。

比較すること自体問題はありません。

ですが、自分と他者を比較して、

「あの人はあんなにできているのに自分なんて、、、」

こんな風に自己嫌悪してしまう人は向いていないと思います。

塾講師は人に勉強を教えることが仕事です。

ですので、学歴の高い人が多いです。国公立大学の学生も多数います。

そういった先生と比較して、

「自分はダメだ」

と悲観的になってしまう先生も少なくありませんでした。

わたしなんて3流私大卒なんですけどねw

比較する人はそのことで自身の価値を下げる傾向が強いように感じます。

実際、アルバイトを管理する側の人間は、

「みんな違って、みんないい」

と考えています。

実際、わたしがアルバイトの担当生徒を考えるときも、

「あの子はああいう子だからあの先生に見てもらおう」

のように適材適所を心がけていました。

自信を持てない人は塾講師に向いてません。

あなたにはあなただけの魅力が必ずあります。

あなたは自分に自信が持てていますか?

講師になる前に自分のセールスポイントを見つけましょう!

生徒にマウント取っちゃう人

塾講師は生徒にいろいろなことを教えます。

勉強のことや進路のことなど幅広く対応します。

学力も情報量も圧倒的に生徒よりあります。

中学生や高校生を相手にしているので当たり前です。

それなのに、それで気をよくして、

生徒にマウント取っちゃう人がいますw

【先生】って呼ばれる仕事ですから勘違いするのもわかります。

大したことないのに採用されただけで【先生】です。

ちゃんと謙虚さを持っておかないとわたしも調子に乗っちゃうんですよw

でも、先生が生徒にマウント取っちゃダメです。

シンプルに嫌われますから

アルバイトの先生の不満を言っている生徒からこんな話がありました。

「あの先生ウザい!口出すの早すぎ!!」

その子曰く、まだ考えている途中で口を挟まれるそうです。

それはめんどくさいですよね。

生徒が考えている途中に口を出すこと。

わたしはこれを【学力マウント】と呼んでいます。

学力マウントをしちゃう人は自分ができることを誇示したいんです。

だから間違いを指摘したくなる。

教えるなら、間違えさせた方がいいんです。

間違えさせて、どこをどんな風に間違えたか考えさせる方が勉強になりますから

他にも、「これって〇〇なの?」っていう質問にも

「調べてみたら?」って返してあげた方がその子のためです。

自分で調べた方が理解が深まりますからね。

知識をひけらかす必要は全くありません。

すぐ口出しちゃう人。

「俺の方がすごいだろ!?」って雰囲気伝わってますよ!

こんなめんどい先生は100%嫌われます!

それにその教え方では生徒が伸びないので塾講師やめた方がいいですよ!

まとめ

いかがでしたか?

今回は【塾講師に向いていない人】を紹介しました。

実際、向いていない人の多くは辞めてしまいます。

しかも自信を失って辞める場合が多いです。

みんな責任感が強い人ばかりでした。

別に塾講師が向いていなくたって落ち込む必要はありません。

他にもいろんな職業がありますし!

でも、塾講師って向いてないとなんかヘコむんですよね

だから始める前にチェックしてもらうといいんじゃないかなと思います。

ここでは3つ紹介しました。

やってみたいと思う人の中にも、

「これわたしのことじゃん!?」

って思い当たる人もいると思います。

でも結局のところ、やってみないと本当に向いているかどうかはわかりません。

なのでぜひ興味があれば挑戦してみてください!

それでもし本当に向いていなければ、

「向いてないもんはしょうがない!他のことしよ!」

と開き直ってください!

塾講師なんて長い人生の選択肢の一つに過ぎません。

その程度のものです。

その程度のもので落ち込む必要なんてありませんから!

どんどんチャレンジしちゃいましょ!

今日はここまで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました